スタッフブログ

今年も…

越後中里へ行ってきました。
初日は晴れ、2日目は雨、3日目は雪。
S__73605125 S__73605122

曜日のせいもありますが、
リフトやゲレンデも初日は混雑、2日目そこそこ、3日目ガラガラとおもしろい経験でした。

S__73605123

何年か前にこのあたりでカモシカに遭遇しました。

 

 

2日目の夕方に雪にかわってからずっと降りつづけていたので
3日目はフワサラのパウダースノーです。雪合戦の球をつくろうにもホコホコこわれて握れないような雪でした。
山の景色も、木々のこげ茶や緑が基調だったのが、一面白く変わりました。

 

さて、今回もエンゼルグランディアというファミリー向けのホテルに泊まったのですが、
中国人客がいっそう増えていて、ちょっとびっくりでした。
そういえば、今年の春節は爆買いから体験型消費へシフトしているとか…。

 

3日目の朝、リフト乗り場に付くと中年女性の二人組のうちの一人がスキー板をはめられず難儀していました。
見ると靴の裏にこんもりと雪がついています。
私は「スノー、スノー」と言って自分のストックで雪を落としてあげました。今度はカチッと板にはまりました。
「謝謝(シェシェ)、謝謝(シェシェ)。」
中国語で「どういたしまして」がわからないので「ユア・ウェルカム」と返しました。
リフトに乗ってから、相手が中国語なんだからこちらは日本語で返せばよかったなどと、どうでもいいことを思いました。

 

リフトを降りて、山の景色など携帯のカメラで撮っていると、先程の二人が上がってきました。
リフトを上手く降りられず、リフトが止まりました。そのままリフトからの坂を下り、なんとか立ち上がったという感じです。
気になったので写真を撮るふりをしてしばらく様子を見ていると、どうもハの字のボーゲンもままならないようです。

私でも降りられる程度のコースではありますが、それにしてもよくリフトに乗ったなぁという感じです。
先の事を気にしないというか、大陸的というか…。ちょっと面白いおばさん達だなぁと思いました。
ま、何とかなるだろうと、先に滑り出した次第です。

 

浅草にはたくさんの中国人観光客が訪れます。
私は、正直なところ、これら中国の人たちを苦々しい思いで見ていました。
マナーうんぬんというより、中国というと習近平と浮かんでしまう私の思考回路のせいだと思います。
今回のスキーでの、このちょっとした体験を機に
これからはもっと平らな気持ちで中国の人を見ていこう、声掛けしていこうと思っているところです。

 
なんだかスキーの話ではなくなってしまいましたね。

 

Yoshihisa Eisha

 

関連記事

営業時間  10:00 – 19:00

カット受付:18:00まで

パーマ受付:17:00まで

火曜定休

おすすめ記事

  1. 2019.08.8

    浴衣*
  2. 2019.07.23

    夏休み
PAGE TOP