スタッフブログ

うどん県

夏休みの家族旅行で瀬戸内へ行きました。
小豆島に2泊したのですが、初日は羽田から高松へ。
空港からのレンタカーで夕刻までうどん県(=香川県)をまわりました。

9時過ぎには車を借り、うどんを梯子。
1件目は、かまたまうどんの元祖「山越うどん」。もちろんかまたまを注文。

3F85D3CD-7708-4BD4-83B5-B181648CD28B

広い敷地の屋外に屋根があり、そこで食べます。

BF0A3B2E-D576-4FD8-AB47-DFB7FA6F5526

手前がかまたま隣は月見。

 

カーナビを設定して2件目の「やまうち」へ。

こちらのお店、火には薪を使用しているとの事ですが、建物もいかにもという感じ。
こちらでは、ぶっかけの小を注文。200円でした。

E6F1177D-C01E-4209-AE96-492868D92452

なんとも風情ある外観。

EEA8AACF-57E4-4CC1-964A-A7030BF34FE4

ぶっかけ小。しょうがは各テーブルにご覧の通り。

3~4件梯子するつもりだったのですが、さすがに小学生の娘はもうお腹いっぱい。
うどんはここまでにして琴平宮へ向かいました。

 

5392E180-6F38-41D7-A227-805C8C5959BE_0

境内で物売りを唯一許された五人百姓。

 

汗びっしょりになって、785段を登り切りました。
ちなみに786だとなやむ(=悩む)になるので1段減らして785段にしたとか…。

948948AF-FAA0-43E9-8372-2272360B8DDC

杖を借りたのが役立ちました。

参拝を終えてから、車のペダルを踏む足がしばらくワラワラとふるえていました。
こんぴらさんをお参り出来て、心地良い満足感。
ドライブがてら瀬戸大橋を観て、フェリーの出る高松港へ。
近くで車を返し、歩いて港へ向かいました。

ようやくアルコールが解禁になり、フェリーの窓から瀬戸の島々をながめつつ
缶ビールをプシュっとやったのは言うまでもありません。

小豆島が見えてくると、不思議な懐かしさに包まれたのは、
やはりここが私の姓である「永車(エイシャ)」のルーツだからなのでしょうか…

いよいよ島に上陸です…

Yoshihisa Eisha

 

関連記事

営業時間  10:00 – 19:00

カット受付:18:00まで

パーマ受付:17:00まで

火曜定休

おすすめ記事

  1. 2020.11.29

    七五三 7歳
  2. 2019.07.23

    夏休み
PAGE TOP