エリカの歴史は、大正13年に創業者の永車(旧姓:小林)梅野がエリカの前身となる「ビューティー小林」を浅草雷門一丁目に開業したところから始まります。

昭和3年に現在の場所(浅草一丁目)に移転し、店名を「エリカ」といたしました。

永車梅野は、美容師の福利厚生の充実や社会的地位向上の為の活動にも力を注ぎ、東京都美容環境衛生同業組合及び東京美容国民健康保険組合の設立にあたり中心的役割を果たしました。また美容師の育成にも力を入れ、昭和29年に浅草高等美容学校(現在は廃校)を設立しております。

現社長の永車徳央は梅野の孫にあたります。